卍易風水変法で、悩みから開放され、行動できるあなたへ

風水師・こうどうゆうこ

こんにちは!
風水師 こんどうゆうこ です。

サイトを訪れていただきありがとうございます。

私のプロフィールは→こちらへ

行動することであなたの未来は変わります。

卍易風水変法は、相談者様ご自身にコイン3枚を6回振っていただくことで、
占った内容についての吉凶や今後の進み方のヒントが分かります。

悩みや不安の原因となっているものは何か、今後どう進んでいくと良いか。
コインを振っていただいた結果から、まずは悩みや不安の原因を明らかにしましょう。
そして、あなたが幸せであることを第一に考え、今後の進み方を一緒に考えましょう。

鑑定・風水のご提案を通して、悩みや不安から開放され、スッキリとした満ち足りた気持ちで一歩踏み出せるようサポートしていきたい。

そんな思いで鑑定をしております。

卍易風水変法とは、古代中国で考え出された占法の一つで、
儒教の経典のなかで最高峰とされる「易経」が原点になっていると言われています。

陰と陽、八卦(8つの基本図像)、六十四卦(八卦を上下に2つ並べた図像)によって、
自然、人事などの吉凶を判断します。

相談者様ご自身にコインを振っていただき、その結果をもとにして卦を立てます。
その卦を読みとることで進むべき道の吉凶を鑑定し、問題の解決策を求めます。

鑑定の相談・お問合せはこちらから

鑑定のご相談、お問合せはこちらのページへ(→鑑定・お問合せ


易とは?

易は、卜占(ボクセン)に分類されます。

卜占とは、質問に対して何の卦が出たかにより答えを導いていく占い。
直近の運勢、行動の吉凶、人の気持ちなど、「変化していくもの」を占うこと、アドバイスを求めるのに適しています。

易の代表的なものに、
「周易(しゅうえき)」、「梅花心易(ばいかしんえき)」、「断易(だんえき)」
の3種類があります。

〈周易〉
一般的に、易というと周易を指します。易の中でもっとも有名です。
周の時代に文王が作成したことから周易と呼ばれ、約2500年前に孔子が完成させました。

〈梅花心易〉
道具を使わず、自然現象や日時などから易を立てる占い技法。
古代中国で、梅の花を眺めているときに雀が2羽落ちたのがきっかけで占ったことから、
梅花心易という名がつけられているそうです。
邵康節が完成させ、諸葛孔明も活用していたと言われています。

〈断易〉
卍易の本流。鬼谷子により創設される。
五行の相剋関係、十二支の意味合い、六神、六親などから判断します。
特徴としては、様々な内容に即対応でき、占いたい事柄に対する吉凶が明確に出ます。

卍易風水変法は断易をベースにしていますが、断易にはない理があります。 
詳しくは書けませんが、これが卍易の的中率の高さと関係しているような気がします。

いくつかの記事に分けて書いてありますので、詳しくはこちらをお読み下さい



卍易風水で占うのに向いていない事柄もあります。

ご自身の性格や大きな運命の方向性、天命についてなど、そんなに変わらないであろうものを占うのには向いていません。
(こういった事柄には、命占:四柱推命や西洋占星術などが向いています。)

鑑定の相談・お問合せはこちらから

鑑定のご相談、お問合せはこちらのページへ(→鑑定・お問合せ